スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力社長の謝罪について

東京電力の社長が福島県の佐藤知事に深々と謝罪をした。

原子力の開発は「国や地方の行政」+「電力会社」で推進した事業だから当然、福島県にも大きな責任がある。

ニュースを見る限りでは全ての責任を東電に押し付けていて違和感を感じる。


東京電力の社長は、避難施設に謝罪の訪問にもでかけた。何故、行政の職員は同行していないのだろう?


福島県の事例を考えれば原子力で潤うお金で様々な建物、道路、が建設された。

しかし、そのお金で事故に備える十分な避難所は建設されなかった。

その結果、間仕切りが無くプライバシーが全く保たれない環境での避難生活となった。


避難所は一例にすぎないが原子力の大金を福島県は適切に使ったのだろうか?


福島県知事は東京電力と一緒に十分な備えがなかった原子力設備に関して住民に陳謝する立場ではないだろうか?



スポンサーサイト
スポンサードリンク
QRコード
QR
ランキング
ランキング
ランキング
ランキング
ランキング
ランキング
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。